2009年03月09日

日本語はディフィカルトですなぁ


おこんばんは♪〜(´ε` )
らおりんでっす☆

先日あぷした
ひとりじゃないのに孤独なんだ

 なぜかこれを書くときは青
なんか寒々しいからね……(;´Д`)ウウッ…


インディーズ楽曲サイトみなくるステージで、
デイリーランキング5位に入ってました♪

090308_2024~001.jpg

週間ランキングでは4位(`・∀・´)エッヘン!!



ていうか「君とセックスがしたい」という曲より下…orz


( ´д`)そこはかとなく・・・ ですな


くそう…(゚Д゚)

なんて直球勝負なんだ(゚Д゚)



「たった20cm キミとの境目侵入したい」

とか努力して変化球投げてるのが
馬鹿馬鹿しくなるな…( ´д`)


一言で云えば、こちらも
「キミとセックスしたい」
ってことですからね・・・( ´д`)



すればイージャン勝手に( `д´) (笑)




全然関係ないですけど

こないだ「日本語の乱れ著しい」とか書いてて
思い出したんですけれど

きっと日本語ってすごい難しいんでスね


敬語をきちんと使えてる人の少ないこと甚だしい



良くあるのがカリスマ店員ぶってる女の子

「こちらでよろしかったでしょうか」


Why 過去形!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)




先日ファミレスで、店員さんに

「今日は何ですか」とランチメニューを聞いたところ


「本日は、エビフライ&若鶏の竜田揚げ でございました

と云われ。


Why 過去形!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)



友達と、

品切れとかじゃないよね…(;´Д`)(´Д`;)ソウヨネ

と話し合ってしまいました。

品切れじゃなかったですよ(笑




それと…こないだ笑ってしまったのが

銀行の前で、行員と客らしき人が話し合っていて。

銀行員が

「僕の お名刺に電話くだされば、すぐに対応…」

と云っているのを聞いて、
通りすがりに噴き出してしまいました


なにゆえ、オマイの名刺はそんなにエライのか





まあホントに、日本語は難しいと思います。


元々尊敬語と謙譲語を仕事がらみで学びましたが

てゆぅかぁ〜ブッチャケちゃうとぉ〜
イイカンジにアホいっていうかぁ〜〜〜(´ρ`)

オマイが一番アホいぞ

と普段は話してるのです、あたしも。

だから忘れてんな…って自分でも思うんですよ、仕事とかしてて。


てゆぅかぁ〜あの人って泰然自若っていうかぁ
でも唯々諾々で優柔不断とも云えるんだけどぉ〜
内股膏薬っていうのぉ〜?
たまに有象無象な気もするんだよねぇ〜〜〜ぶっちゃけ〜〜〜

正確にはこんなですけど(笑
非常にタチ悪い



日本語って、本当に厄介な代物なんですよ。

だって、

私も、わたくしも、あたしも、あたいも、僕も、俺も、おいらも、
拙者も、我輩も、ワシも、小生も、余も、朕も、我も、

英語だったらぜーんぶ“I”で済むんだよ。


チョイスが多すぎるんですよ、日本語は。


ひとつの気持ちや状況を表すのに、
いくらでもそれに関連する言葉があって

その中で、一番ぴったり来て、
相手を傷つけたりせず、うまいこと相手に伝えるって
すごく難しい作業だと思うんですよ。




本題に戻りますと。

その難しい日本語で曲を作るってことが、
どれだけ困難であることか。ってことです。


文字数制限がここまでハッキリあるのって
歌ぐらいじゃないですかね


俳句とか短語に近いよね


漫画とかドラマとかと違って、歌には「表情」というのがないので
沈黙して「表情」で伝える、とかいうことが出来ませんしね。

沈黙したら歌じゃねぇーし

インストルメンタルになっちゃうしΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)



あたしの曲は、詞が先で、曲が後につくのですが
だから、伝えたいことを全部盛り込もうとすると
井上陽水か尾崎豊か…みたいなメロディに乗り切らない感じ(笑
文字数がやたら多くなっちゃうのね。1小節に(笑


いつも日本語って何て難しいんだろう…と思いながら作ってます




さあ、お新曲の詞でも書きますかね。



君とセックスがしたくない


とかいう渋めの深みのあるタイトルはどうでせふか
−y( ´Д`)。oO○


どうしてしたくないのか、
前はしていたのか、
今もしているのか、
それとも強がってるだけなのか、
相手はしたがっているのか、
何か性的な病気でもあるのか


非常に気になりますよね〜−y( ´Д`)。oO○ふふふ







posted by 吉井らおり at 00:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。