2009年12月30日

年の瀬でござりんす。



年の瀬でござりんすね〜
皆様お風邪など召されず、お元気になさっておりますでせふか。

なんか前回のメールは訳のわからんことを書いてしまいましたw

きゃー(汗

バカじゃねー(汗

なんかロマンティシズムですたわねぇ




えっと。


気まぐれでしか、いつも見ないんですけれど。
アクセス解析をたまたま見ていたら。
意外と、このブログって、見られているのですね、毎日w

たまーにしか、更新しないのに。
やさすぃん方々がいらっさるみたいで。

月間で1000アクセスくらいあったりするみたいです。



えーw


ええーーーーwww


マズィでぇーーーーーwwww


おひとよしーーーーーwwwww


↑ムカつく奴だ


でも、うれしかったっす。
ありがとうございます。



たまにトップページも踏んでくれ。w

トップページのアクセスは全然増えないんですけれど。

まあ、いいけどw





全然関係ありませんが。


3月から曲を作らずに、もう年の瀬になってしまい。

吉井らおりのキャラクター制限というものに

なんとなく限界を感じておりんす。(o´I`o)笑



現在のミュージックシーンは。

肉食女子が、草食男子を理解できずに苦しむような曲が売れるようです。


どうして私じゃだめなの?どうして?こんなに好きなのに。


みたいな。↑加藤ミリヤ。


私の居ない世界はゴミでしょ?!
とか言ってるようでは。


まあ、本当にそう思うんで、仕方ないですけど(o´I`o)



ていうか、らおりさん。

売れたいんですか!?





売れたいとかそういうんじゃないんですけど、

表現の幅、というのを作りこみすぎた感があって。



強がりすぎだろ、という。



純粋な明るいラブソングみたいなものが

一切作れないみたいになっちゃったもので。



リアルで生きてても、

キャラクター設定に抗えないで

ひとの望む私像を演じてしまう感じなので、

仕方ないと言えば仕方ないのかもしれないけど。


だから、「あたしぴえろ」みたいな曲が出来ちゃう。



ちょっと、幅を広げて、

青空きらきら〜♪ キミは草むらに寝転んで〜♪

猫のしっぽが〜♪


みたいなんも作ってみようかと。


ほんとか?w



蠍とか、薔薇とか、食虫植物とか、蜘蛛とか、

そういうダークネスなのばっかりだとさぁ。

もういい加減、ネタも尽きるでせふ。




なので。

既存の吉井らおりの概念をぶち破る!!

新しい曲の歌詞を考えてみますた。

愛しい人への、素直な気持ちを、そのままに描く歌です。





『WHY?』



あなたを想うと 夜も眠れないの


肉屋の三郎んちの じぃさん あなたでいっぱいよ


笑顔がきらきらしてまぶしいの


あなたの全面金歯に 私がうつってる



 手作りの腹巻き あなたは肌色が好きよね


 あなたの名前 刺繍するわ スエゾウじぃさん



  WHY ? こんなに好きなのに 昔の彼女の写真

  WHY ? 毎日拝んでいるの 振り向いて欲しいの

  WHY ? 他のひとに肌を見せるの? 乾布摩擦はやめてよ

  WHY ? ももしき履いてくれないの? ピンクはきらい?
 





どうでせふか。

可愛い乙女心が、そこはかとなく、滲み出ていたのではないでせふか。



スエゾウじぃさんは、胃酸過多で、草食なので。



って、スエゾウって、だれですか。




既存の吉井らおり、ぶち破り過ぎ。




ふざけてないで、いい加減。曲書きませふ。








posted by 吉井らおり at 08:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

終わりとはじまり

とても久しぶりになってしまいました。



らおり猫は、また飼い主に愛想が尽きたようです



あたしは、別荘で飼われている猫のようでした

自由だったけれど

飢え死にしそうでした


誰か他のひとが通りかかって

おやつをくれようとしても

私は猫

プライドもあるし 飼い主がくれるから良い

ふぃっと顔を背けて 別荘に帰りました



飼い主はたまに別荘に遊びにやってきて

都合よくあたしに癒されて満たされて

そうしてどこか私の知らないところへ

戻っていくのでした



別荘は寒くて おなかがすいて 

ひとりで泣いてばかりいました


猫のプライドが邪魔でした

他の人がくれるおやつで 小腹を満たすことも出来ない

自分の頑なさが馬鹿みたいでした



でもついに 飢え死に寸前になって

あたしは別荘を去ることに決めました

そのひとをバリバリと引っ掻いて 噛み付いて

ひどく傷つけてから あたしは去りました



今までも あたしがふぃっと出て行くことはあったけれど

やっぱり行くところがなくていつでも結局戻ってきたから

飼い主はきっと

放っておいてもあたしが戻ってくると

高慢になっていたと思います



もう戻ることはありません


もう思い出すこともなくなっていくと思います



楽しいことなんか 忘れました

愛されたことなんか 忘れました

悲しむことに慣れてしまっていたから

悲しみしか 残っていません


もう大嫌い あたしの中には絶対に残しておきません




またコトノハが流れちゃった。



さー!

創作活動、創作活動。



あたらしいあたしに、れっつごー。


posted by 吉井らおり at 15:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

インスピレーションの欠如

090928_1104~002.jpg

ご無沙汰しております
らおり@携帯です

体調不良やら何やらで久方ぶりになっちまいました(--;)


コギャルのごとき上の画像↑は近影です(*´∀`)

キサマは本当に一体何歳なんだ!(`Д´)(笑)




「ひとりじゃないのに孤独なんだ」
を書いてからもう7ヵ月…(--;)

妊娠出産でもあるまいし、十月十日単位でしか曲書けないのでせふか( ̄▽ ̄;)


何だか歌詞書く為にノートに向かっても…締め切り前の漫画家状態。

あたしには何も書けないんだぁ〜(≧◇≦;)と、真っ白いノートを前に、頭をモシャモシャしたくなる感じだし


しからば曲から先に…とPC開いても

ダッサイのしかできません('A`)


今は西暦何年だ?!
何だこのオールディーズは!?(≧◇≦;)



もうやだもう嫌いみんな嫌い(≧◇≦;)

と叫んで、プリーツスカートはためかせて、体育館の裏に走って逝ってしまう思春期女子のような気分です


('A`)< どんたっちみぃ


イヤだったらやめちまえ!(`Д´)とビッグマグナム黒岩先生に叱られたい。<誰



意味不。



まあインスピレーションが欠如しているのでせふね


あたしの曲や雰囲気が、椎名林檎的だと云われることがあるのですが

あたし椎名林檎好きだったんですよね以前。


だけどなんとなくそうして誰かに似ていると云われたりすると、その流れに逆らいたくなります


そうするとドリカム的なモノができます


真逆でしょ(笑)


どうすべきか解んなくなります




前から思っていたし、何人かの音楽友達には話したのですが

みんなにそういう意識はあるのか解りませんが


少なくともあたしには

「認められたい・解ってもらいたい・受け入れられたい」
という強い感情と

「誰にも解るはずがない・理解しなくていい」
という優越感と劣等感が奇妙にクロスした感情が、同居してます



あたしの人格そのものがそうなんです

情に厚く無類の人好きの一面と

人間嫌い人間不信…いつも「ケッ…」と思っている冷酷な一面が

混在している


どっちも嘘じゃない
どっちもあたし。


あたしはジキルとハイドなんですよ、ハイドを自覚したジキル。



曲を書いてたくさんDLしてもらえたり、良い感想を貰えたりするとすごい嬉しい!

なのに「あたしはJポップミュージシャンじゃない…何を喜んでる?」という声も自分の中に生じる。



別に仕事じゃないんだから好きにやればいい。それは解ってる。


でも、何をやったらいいか解らなくなる。

何がしたいんだか。

どう思われたいんだか。


本当にあたしは音楽が好きなのか?

あたしは一体何がしたいのか。



音楽だけじゃなく、小さい頃から絵もデザインも文章も、色んなアーティスティックなことを多様にやってきた


天才とか色々云われて生きてきたが

「あたしは本当に普通だ」と痛感する



いつもスペシャリストにはなれず…ウロウロしてる


せいぜいゼネラリスト止まりだ


多分迷いのせいだ。



音楽性で迷い
音楽やっていくことさえも迷い

アートの世界で生きて行くこと…表現していくことすら迷う



あたしは「普通に子供生んで育てて老いて死ぬ」為に生まれた哺乳類のメスだ。

それでいいのではないか。


でも。

普通のメスとして死にたくない。

葛藤がある。



それを表現する方法は、音楽しかないのか?

音楽で良いのか?



迷っている。



曲1曲を何十時間もかけて、DTMでこつこつ努力と根性で作っているあたしには

あたしの音楽に、その努力する価値があるのかどうかで迷っている。



生音で撮りたいという目標があるのに、今は目的の位置までは本当に遠い。


自分の曲に全く納得が行かない。

だから作っててもイヤになってくるのかもしれない。


今まではただ気力と根性だけで、現状で自分の今持てるチカラを最大限使って、表現しようと頑張って来ただけだ。



そう考えると、恋愛と同じだな〜


大好きー!!(≧∇≦)

って時はどんな無理でも出来るし、相手のどんな欠点でも許せる


トキメキは長く続かない


テンションが落ちて来ると無理が出来なくなるし、相手の欠点も目につく


そんな感じ?



あたしはどう生きて行こうかで、ずっと迷い続けてる。


自分で「これ完璧!」って思える作品は今までひとつもない。


なのに発表していることに戸惑いがあるのかもしれない。


その自分で完璧と思っていない作品で、自分を評価されるのがイヤなのかもしれない。




本当に、表現するって難しい。

生きるって、難しい。



さあ、どうしようか。
posted by 吉井らおり at 04:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ライブバーでセッションだコロン♪

090801_2237~002.jpg

またまたお久しぶりになってしまいましたが、皆様お元気ですかー

らおりは相変わらず忙しく毎日を過ごしております



つい先日、ウチからそう遠くない街で、すごくいい店を見つけますた!


それはまるで歌声喫茶のような…

歌声喫茶とは…ピアノやギターを弾く人が居て、みんなで歌詞カードを見ながら歌うような…(合唱?)

昔はよくあった形態の喫茶店のようですが、今はあんま聞かない。でも未だに探せばあるみたいだけどね。


でも別に皆で歌いたくない目立ちたがり屋のらおり女王様としては…(嘘こけハイパー★シャイなクセに(笑))

歌声喫茶という形態は望ましくない訳です



さああたしの歌を聴け。



あたしが見つけたのは、お客参加型のライブバー。


前からその沿線の電車の吊り広告に、ちっこく広告が載っていて、ちぇきらーYO!!していたのですょ


だけどアジアン★ヒッコミジア〜ンなあたしは(意味不)、数ヵ月モジモジして、イタズラに時を過ごしていたんですょね(;´д`)

で、ふと行きたくなって。

直前までモジモジ迷ってますたが…

ホントにヒッコミジアンだなヲイ(--;)


思い切って一人で行ってみますた!!


結局途中で怯えて、友達呼んじゃったんだけどね(;´д`)<イクジナシ


写メでは…全体像が撮れなかったので、何が何だかわかりませぬが…

何でも楽器が揃っていて、ドラムセットまで設置されてて…

プロっぽい方々は、楽器持ち込みしてますた


店に楽譜があって、それを見ながら、そこで初めて出逢った方々と、即興セッションライブをするんですょ

誰かが歌ってるのを、カクテルとか呑みながら見てるだけでもすごく楽しい。


そこはかとなく大槻ケンジ似の店長さんが「何か演られますか?」って聞いてくれて…


エレキ、エレアコ、ドラム、ベース、ピアノ…と全メンバー揃ってのセッションライブ。

3時間くらいで10曲くらい歌わせてもらいました!(笑)


ジャズやボサノバなど、色んなアレンジにその場でついて行けちゃうという変な特色のあるあたしは…

超楽しく歌わせて頂き、しかもリクエストまで頂いたり…♪

呑んで喋っていたら「出番ですよ〜♪」と声かけて頂いたりと、凄く楽しい時間を過ごさせて頂きました☆

「涙そうそう」とか「オリビアを聴きながら」とか…色々歌いました〜☆


らおりが!!オリビア!?(笑)


あなたの家に入院したい…んじゃなかった!?(-ω-)


「赤いスイトピー」とかも歌っちゃったよ(笑)

あたし意外とアイドル系上手いんですよね〜(笑)


帰りなんか「また来てねー!」「また是非一緒に演りましょうー!(^o^)/」なんて皆さんに声かけて頂いたりして…すごく嬉しかったです(*^o^*)



何故このライブバーに大根足を運んだかというと、別にオリビアが唄いたかった訳じゃなく…(笑)


いずれ吉井らおりでライブ演りたいので、その場所探しと…(出来ればライブハウスじゃナイ方が良い)

音楽仲間だったり、あわよくばバンドメンバーに出逢えちゃったりしやしないだろうか…と企んでのコトだったんですょ


そこでセッションしたピアニストの方と、是非情報交換を…ということで連絡先伺って帰って来て。

その方の作曲されている曲をアップしてる場所を教えて頂いたので、サイトに伺ったりと…

すごく楽しい感じになって来ましたょ〜☆



人見知りのヒッコミジアンなのに、がんばって行ってみて良かったね…らおりん…(;_;)(笑)



とても小さなお店なんで、皆呼んでライブ…って感じには出来ないかもしんないですが…


こんなんだよ!こんなん!あたしの求めてるのは。


…と実感しちゃう良い経験ですた♪


スナックとかに一人で行くのヤダし…(-ω-)かといって、弾き語り出来る程の楽器の才能もないし…( -_-)


色々な企みは余所に置いといても…純粋にセッションって楽しいなと思った(*^o^*)♪



一時…有楽町にあるクラブで、クラブシンガーのオーディション受けて、受かったけど結局やめた、という経験があるのですが…

やっぱ職業になったらツマンネーんだよなこれが( -_-)


次回その話しますね




何か知らないけど、このブログ…月イチ更新になっちゃって( -_-)

ほぼ月刊★らおり日記。


新曲も出さねーし(今作ってるけど自信まるで無し)、ブログくらい更新しないと忘れられちゃうんで…

頑張って更新しようと思ってるので、お暇なら〜来てよね〜あたし寂しいのォ♪
posted by 吉井らおり at 04:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ピーターパン・シンドローム



真夏の訪れを感じる今日この頃
みなさま如何お過ごしでしょうか


新曲まだかという、ありがたくもキビシイ声に
若干たるんだ尻を叩かれ…( ´д`)タルンダッテ云ウナ
最近チョコチョコとPCに向かっております(b´∀`)


あたしも実際問題

おふぃす・れぃでぃ

でありますからして


日々の雑務や義務に追われ

時間はストーカーのようにあたしを追い掛け回します

いつでも見られています

鬱陶しいんだよコノヤロウ(〃*`Д´)ツキマトッテンジャネーヨ!



ある伝説のミュージシャン(故人)と付き合いのあった友達が
よく飲みに連れて行ってもらってたらしいのですが

酒に酔うと、そのミュージシャンは街頭に立ってる時計に向かって
石を投げたり、ポールを蹴ったりして暴れていたそうです

「こんなもんがあるから!」と。



すげ解る



迷惑行為だが、でもエライ

足掻いていたワケですから


死に向かってただ日々の穴を埋めて
「人生は死ぬまでの暇つぶしだ」とでも云いながら
アキラメて生きてる人ならば
時計は早く進んだ方がいいんだからね

次の楽しいことが来る日まで
さっさと日々が過ぎて時間が過ぎてしまえばいい

そんな風に思うなら時計は大事な指針



「早く終わらないかな〜」
「早く週末が来ないかな〜」

その週末までの時間が
無駄に過ぎ去っていることも知らず
次の予定に気が逸る

パートタイマー的 人生


同じ時給貰ってるんだからラクしちゃえばいい
時計を何度も覗いては早く終わらないかとジリジリする
みたいな…人生全部がパートタイマー的



気付けばあたしもそんなパートタイマー的人生に陥って
「早く休みが来ないかな」なんて思ってしまうようになった

毎日・毎時・毎分・毎秒をおろそかにしている



そりゃ仕事は楽しいし、やりがいもあって、
信頼できる仕事仲間に恵まれ、
完璧主義を貫いて、超一生懸命働いてますよ


でもこれは本当にしたいことなのか
絶対的にしなきゃならないことなのか

それは解んない



外仕事を始めて時計を持ち歩くようになった

あたしは元々時刻表も見ないし
時計も見ないヤツだったけど

時刻表もしげくチェックするし
いつでも時計を持ち歩くようになった


人と同じように朝起きて夜寝る
そんな当たり前のことが出来なかったあたしにも
それに嫌悪感を抱いていたあたしにも

体力の限界ってのがあって寝ないと仕事中持たないとか
『現実問題』ってのがつきまとう




愛や恋とか…友情とか…夢とか…

想いだけでは生きられず

『現実問題』『実際問題』に負ける



音楽もそうかもしんない


音楽の仕事をしてるワケじゃないあたしにとって
音楽をやる時間っていうのは『リアル』の世界の出来事じゃない

『イデアル』。

優先すべき事項ではない



大好きなら…愛しているなら…音楽が歌が好きなら…

いつでも会いたくて、いつでもそばにいたくて、
いつでも声が聞きたくて、ずっと音楽やってても苦じゃなくて、
ずっと歌っていたい

そういうもんだと思っていた

それが当然だと思ってて

それ以外は偽物だと思っていた



だから他人にもそれをいつも求めてきた




でもきっと想いなんて おとぎ話 みたいなものなんだ

ネバーランドみたいな



大人はずっとネバーランドには居られない





あたしはずっとネバーランドに居たかったな

愛だの恋だの友情だの夢だの自由だの。


何の制約もない世界でずっと夢見て居たかった
ずっと恋して居たかった


そういうのって、この世界では、

ニートとか

自己中心的とか

変人とか

云われちゃうんだよね( ´д`)



でもピーターパンで居たかった



ピーターパンの話だったか…

「もうあなたは大人なのよ!」って云われて

それを認める気持ちが生じた瞬間に
大人になってしまう話。



「愛こそ全て」だと思っていたあたしは

「愛は全てじゃないんだよ!」って現実を突き付けられて

今まさに大人になってしまおうとしている



あーあ。


せめて音楽の中だけでは…
曲作りしている間、歌っている間だけは…

あたしはピーターパンのままで居たい


理論も何も考えず制約も考えず
いくらでも無駄に時間かけて
好きにこねくり回してやる



ライブやりたいなぁー…
セックスなんかバカくさくなるくらい気持ちいいのに〜


あれこそネバーランドなんだけどなー




いやはや
とりとめもなくスミマセン( ´д`)







posted by 吉井らおり at 07:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 意味不明日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。